自動車税を払ってないと廃車できないのか

自動車税は所有者の納税義務

毎年5月に自動車税の納付書が送付されます。すぐに納税する人もいれば、車検時にまとめて支払う人もいます。自動車税とはその年(4月から翌年3月)にかかる税金であり、年度初めに先払いという形で納めなければなりません。

原則『5月31日までに納めましょう』というのが決まりです。しかし、ユーザーのお財布事情はそれぞれ違いますので、その年の8月頃までに納めれば延滞金が掛かりません。それ以降となると毎月数百円ほど加算されていきます。

この自動車税を納めなければ、車検を受けることが出来なくなります。もちろんその間、自宅に『車を差し押さえます』『給料を差し押さえます』などといった脅迫状と錯覚するような内容の督促状が届くようになります。

そこで自動車税に関する疑問や不安を解消するために、まとめてみましたので参考にしてください。

自動車税について Q&A

Q.自動車を売却したいのですが自動車税を払っていません。

A.この場合売却先の業者とその車の残り車検月数によります。例えば、車検の残りが1カ月ほどであればナンバーを外すために抹消登録をします。つまり自動車税は抹消登録された月から再計算され後で支払うことが可能となります。

また、車検が半年以上残っていれば業者も抹消せずに名義変更という手続きになるでしょう。このケースの場合は先に納税してからを条件に買取となるのではないでしょうか。しかし、業者によると買取価格から自動車税を差し引き買取りすることも交渉のひとつです。まずは業者と相談することですね。

Q.すでに何度も督促状が来ていますが車は差し押さえされるのでしょうか?

A.県税事務所は延滞者の口座などをチェックします。車の所有者の給与や他の収入、支出をチェックして支払いが可能と見られれば自動車を含め財産や給与の差し押さえを執行することが出来ます。しかし、これは悪質者の場合でよほどのことがない限り差し押さえされることはありません。

これに安心しきって『まだ納税しない』となると私は責任は持てませんので支払いが可能な方は速やかに納税することを勧めます。

Q.督促状を無視し続けたらどうなりますか?

A.上記同様にまずは車検を受けれない。差し押さえの通知が届く。この2点です。一番の解決法は沖縄県税事務所に連絡をし、納税できない理由を説明することで、自動車税の分割払いや期限の延長など相談に乗ってくれますので、まずは沖縄県税事務所に相談することですね。

Q.自動車税は必ず期限内に一括で払わないといけないのでしょうか? 

A.原則納税の期限は5月31日ですが、必ず期限を守らなければならないというワケではありません。現在ではカード払いも出来ますし、分納という方法も出来ます。分納に関しては沖縄県税事務所に相談すれば納付書を再発行してくれますので相談してみてください。

 

沖縄県自動車税務署
〒901-2134
浦添市字港川500-10
総務班 (098)879-1632
課税班 (098)879-1627
(FAX) (098)879-1620
管轄地域
自動車税・自動車取得税の課税事務について
本島一円および本島の各離島